脂肪吸引で余分な脂を排除|手早く簡単ダイエット

メジャー

整形で痩せる

脚

施術方法いろいろ

体の中に余分な脂があると脂肪細胞が吸収して分裂を繰り返し、脂肪細胞の数が増えて太ります。ダイエットしてもリバウンドするリスクがある理由は、脂肪細胞の数が減っていないからです。体の中に余分な脂があれば、それをまた吸収して大きくなってしまうため、一度太った体はリバウンドしやすいのです。そこで人気がある痩身施術が脂肪吸引です。人気の理由のひとつはリバウンドしにくいというところです。脂肪細胞を除去することで痩身できる方法なので、脂肪細胞の数を減らすことができます。また、部分痩せが可能です。お腹や背中など広い範囲はもちろん、二の腕やふくらはぎ、顔まわりなどダイエットでは痩せにくい部分やピンポイントで痩せたい部分にも施術ができます。そして、脂肪吸引は切る方法と、切らない方法があります。最近は切らない脂肪吸引が手軽に利用できると人気になっています。効果が感じられる部位ごとに機器を取り揃えている医療機関もあり、最適な施術を受けられる医療機関選びは大切です。

切る方法と切らない方法

切る脂肪吸引は、吸引するための管を入れる穴をあける必要があるため、傷跡や感染症のリスクがあります。ただ最近は大きな傷跡を残さないような機器も開発されています。吸引管も鋭利なものではなく、周辺組織を傷つけないような刃のない吸引管もあります。従来の方法より安全に施術できる機器が増えています。また脂肪細胞を確実に除去し、痩身効果に即効性があるところが特徴です。切らない脂肪吸引とは、特殊な高周波を照射することで脂肪細胞を溶かしたり破壊したりする方法です。機器によって脂肪細胞にアプローチする仕組みは異なりますが、基本的に破壊された脂肪細胞は体の代謝によって汗や尿となり体外に排出されます。徐々に排出されるため、即効性は感じにくいですが、徐々に痩身効果が得られます。切らない脂肪吸引は、ダウンタイムも短く、抜糸する必要もなるので、体に負担が少ない施術方法といえます。費用も切る施術よりも安い傾向があります。またどちらの方法も、美しいボディラインを手に入れるには医師の高い技術力が必要です。